コスモスの真ん中の蜂 蜂と紫の花
コスモスの真ん中の蜂

ハチの種類と危険性

一概にハチというと、普段の生活の中でよく見かけるミツバチを想像する人が多いものです。花の蜜を集めて独特の形状の巣に戻り、それを子供達のエサとして与え、育てていく様子を想像します。しかし、ハチにはさまざまな種類が存在し、花の蜜を集めるもののほかには、虫を捕らえてそこに卵を産みつけ、幼虫のえさにする種類も多いのです。そのほか、スズメバチやアシナガバチといった、毒針をもった非常に攻撃的な種類も多く存在するのです。

蜂の被害
毎年、新聞紙上でも蜂に関する被害は多く報告されています。特に秋が深まって、涼しく感じられることに、ハイキング、遠足などで山に行った人たちにスズメバチの被害が目立つようになります。この時期には巣が大きくなり、エサも多く必要になってくる反面、エサとなる虫の数も減り、性格も荒くなってくるのです。巣に近づかないようにすることが最大の対策となりますが、それが生活上、近づかざるを得ない場合は駆除する必要があります。

駆除の方法と料金
ハチを駆除するためには、最低限の知識が必要になります。そのハチの特徴と危険性、習性を把握しなければ安全には駆除することができないのです。そのためには業者に依頼するのが確実です。料金についてはその状況により変わりますが、20000円から50000円といったところが相場です。もちろん、その料金は距離、高さ、難易度により変わりますが、その危険性を考えると、十分に使える料金設定と考えられます。家族や大事な人の命を守るためにも必要な料金と考えられます。

蜂と紫の花

ハチの巣を発見したら

ハチは種類によっては刺されたらショック死をするかもしれない気をつけるべき昆虫です。暑いと活発化するので、近年の夏の暑さはに活動に拍車をかけています。ハチの巣は、土の中や木の枝に作られます。中ででも猛毒をもつスズメバチは民家の軒下に好んで巣を作ります。こうなると、家の中にもハチが入ってきてしまうので駆除が必要になります。まずは巣を作らせない環境づくりとして、市販の住宅用の虫除けスプレーをこまめに散布してみるのも手です。

巣が近くにできてしまったら
近所や軒先にハチの巣ができてしまった場合は、専門の業者に依頼します。決して素人が駆除しようと手を出さないことです。 また、子供にも巣に近づかないようにと言い聞かせます。巣の駆除の業者は、地域の情報誌などにも掲載されていますし、インターネットでも探せば数多くあります。駆除は早めに済ませたいのが心理なので、いくつかの業者にしぼって、最短の日数で対応できるところを選定したいですね。24時間対応の業者もありますし、地元の業者なら早く駆けつけてくれることもあります。

巣の駆除料金
巣の駆除料金は、種類やその危険度によって変わる業者もあれば、一律料金の業者もあります。後にトラブルにならないように、慌てていても確認が必要です。土日や夜間は追加料金が発生する場合もあります。たいていは、見積りは無料なので他にも心配な点があれば聞くことができます。保証制度がある業者は、同じ場所に巣を作った際は無料でまたは安価で対応してもらえます。高所や床下、壁の中にできた巣の駆除は、追加料金が高く発生します。